VIOに脱毛クリームを使うのが危険なワケ

VIO脱毛を自宅でやりたいと思っている女性なら脱毛クリームを選択肢に入れているかもしれませんが、ハッキリ言ってVIOに脱毛クリームはおすすめしません。(ちなみに脱毛クリームと除毛クリームは、同じモノを指します。)デリケートゾーンにも使えるという表現がされている場合もありますが、IOラインにも使えるという意味ではないので注意が必要です。
また、メーカーはVIOへの使用を推奨していないにもかかわらず、自己責任で使って大丈夫だったからといって「VIOにも使える脱毛クリーム」として紹介しているサイトやブログもあります。ですが、脱毛クリームをVIOに使うのは危険なのでやめた方がいいです。

そもそも脱毛クリームは、毛を溶かす薬剤です。具体的には、アルカリ性のチオグリコール酸カルシウムで毛の主成分であるタンパク質を分解します。皮膚の主成分もタンパク質なので、皮膚もダメージを受けることになります。赤みやヒリヒリした痛みをはじめ、かぶれや炎症、さらにはただれやアレルギー反応まで引き起こしてしまうリスクがあるのはこのためで、最悪の場合は出血するケースもあるということです。
肌へのダメージを抑えるために保湿成分や天然成分が配合された脱毛クリームもありますが、チオグリコール酸カルシウムが配合されている限り、肌へのダメージをゼロにすることはできないのが現実です。

もしもそんな脱毛クリームが粘膜に付着したり、膣内に入ってしまうとどうなるでしょうか。
粘膜は皮膚と違って角質がありません。皮膚なら刺激やダメージを角質がある程度は防いでくれますが、角質がない粘膜は直接刺激やダメージを受けてしまいます。皮膚とは比較にならないほど大きなトラブルに繋がるのは明白です。
更にいえば、健康な膣内は弱酸性に保たれています。弱酸性の膣内環境は雑菌の繁殖を防ぐバリア機能として働き、感染症から守っています。逆に言えば、膣内pH値は3.5から4.5の酸性にとどめておく必要があるんです。何の変哲もない普通の石鹸でさえ実はアルカリ性なので、デリケートゾーンの洗いすぎには注意が必要です。洗いすぎは膣内のph値をアルカリ性に傾けて善玉菌を減少させ、バリア機能をなくしてしまうからです。膣内のph値がアルカリ性に傾くと、膣カンジダや細菌性腟症(BV)が起きやすくなります。

脱毛クリームをVIOに使うのが危険な理由を簡潔にまとめると、感染症のリスクが非常に高まるから、となります。タンパク質を分解するほど強力なアルカリ性の脱毛クリームが、万が一にも粘膜に付着したり膣内に入ってしまうリスクを考えると、VIOへの脱毛クリームはどうしてもおすすめできません。

脱毛クリームと抑毛ローションの違い


脱毛クリームと除毛クリームは言い方が違うだけで同じモノを指しますが、抑毛ローションや抑毛クリームというモノをご存知でしょうか。両者は似ているようで実は、性質が全然違う別物なんです。抑毛ローションでもっとも知名度があるのが、パイナップル豆乳ローションです。一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

脱毛クリームと抑毛ローションの比較
分類 脱毛クリーム 抑毛ローション
VIOへの使用 不可
有効成分 チオグリコール酸カルシウム 天然成分
効果の仕組み 毛を溶かす 毛を細く薄くする
即効性 あり なし
持続性 なし あり
肌への負担 高め なし
美肌効果 なし あり

脱毛クリームは毛を溶かすので1分から10分ですぐに効果が現れますが、肌への負担が高く持続性がないのも特徴です。一方の抑毛ローションは、効果を実感できるまでには時間が必要ですが、効果には持続性が期待できますし、安全で美肌効果も期待できるという特徴があります。

VIOにも安心して使える抑毛ローション


抑毛ローションや抑毛クリームで一番有名なのがパイナップル豆乳ローションですが、他にも「ネオ豆乳ローション」「ヘアーリデューシングクリーム」があります。毛を溶かすわけでも抜くわけでもなく、抑毛成分の作用によって、毛を弱らせたり毛の成長を遅くさせたりします。天然成分が主な成分なので、肌への負担がなくVIOにも安心して使えますが、効果を実感できるまでの期間が長いという側面があります。
各商品別の特徴を簡潔にまとめました。

パイナップル豆乳ローションの特徴


バナー


  • イソフラボンの純度が99.7%

  • 自己処理の頻度を減らせる

  • お手入れ後の肌を整える美肌効果

  • 肌荒れを防ぎ透明感のある肌に導く

  • 定期コースなら初回半額の1,350円

  • 30日間返金保証

  • 継続するほど割引率がアップ

  • 90日間の使用を推奨


パイナップル豆乳ローションの通販サイト


ネオ豆乳ローションの特徴


バナー


  • イソフラボンの配合量が多い

  • 毛乳頭の活動を抑制

  • 保湿・美白・美肌の3つのケア

  • 乾燥肌がモチモチの肌に生まれ変わる

  • セット購入がお得


ネオ豆乳ローションのの通販サイト


ヘアーリデューシングクリームの特徴


バナー


  • トルコ発の抑毛クリーム

  • ムダ毛の量を減らす

  • ムダ毛の成長を遅らせる

  • 全身どこでも使える


ヘアーリデューシングクリームのの通販サイト



これらの抑毛ローションや抑毛クリームに共通しているのは、自己処理後のアフターケアローションとして使うということです。カミソリや電気シェーバーで手っ取り早く処理しつつ、抑毛成分でムダ毛の成長を遅らせることもできますし、同時に保湿成分や美肌成分で自己処理のアフターケアローションとしても使えます。抑毛ローションは1本2役で、ムダ毛ケアを楽にしてくれます。